FC2ブログ

ボーンホルムでの暮らし

2010年07月14日 01:58

バルト海に浮かぶデンマークの島、ボーンホルム島に滞在しています。
一面小麦畑で、雲の影がみえます。とてもきれいな島です。
こちらは、夜10時過ぎに日が暮れ始めます。
7月はじめは、夜中の1時頃でもうっすら明るいです。
夜になっても明るいので、ずっと気分が活動的な感じなのです。1日がとても長いです。
冬は、午前10時から午後3時くらいの間しか明るくないそうです。
暗いので、ナーバスな人が増えるそうです。
まるで植物みたいです。
IMG_6119.jpg

レンガ作りの家もカラフルで、街並みが美しいです。
(ちょっと影の多い写真ですね。もっとかわいい家の写真を後日アップします。)
日本では北欧スタイルというものが流行っていますが、
実際はわりと簡素な暮らしをしています。
コペンハーゲンでも同じ印象を受けました。
決して否定的な意味ではありません。
全てを見ているわけではないので、違う側面もあると思いますが
派手な暮らしというものを感じませんでした。
ボーンホルムの人々は、良質なデザインの家や物を大切に使い続け、壁や建具のペンキ塗りを楽しんだり、ベリーなどでジャムなどの保存食を作ったり、身近にある楽しみをとても大切にしているなと感じました。
街は美しいし、とても暮らしが豊かです。
社会制度の違いもあると思います。

IMG_6155.jpg

酒井草平の昔からの知り合いの家に滞在しています。
築300年にもなる家です。(家の写真も後日アップします)
私達は毎日何をしているかというと、、、
家主であるトーキルさんのお手伝い。
広い庭の手入れや、畑の収穫のお手伝いをしています。
IMG_6111.jpg
古いトラクター

IMG_6098.jpg
今は苺の収穫時期。
毎日ボウルいっぱいの苺がとれます。
毎日苺とシュガーとミルクを混ぜた美味しいデザートを食べています。

IMG_6185.jpg
こちらはトーキルさんの家から一番近い教会、Ibs Kirke イブスキルケです。
素朴できれいな教会で、私達もとても好きな教会です。

あと数日間の滞在ですが、ブログ更新をできたらしたいと思います。
前半のドイツの滞在にすいては、日本に帰ってからしたいと思います。
グーテンベルグの印刷機のことなんかの記事も書きたいと思います。

Vi ses! (またね!)

(葵)


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyupodo.blog101.fc2.com/tb.php/62-8f1f5328
    この記事へのトラックバック


    最新記事